借入残高を減らしていくコツとは

ローンはいかに利息を抑えるか考えて借りることが大切です。利息を抑えて一番得をするのは借り手本人でありあ、節約にも貢献してくれるからです。借入残高が大きくなるほど利息も増えるので、借入残高を減らすための工夫が必要となります。そのための基本は借りる金額を少なくすることですが、借りたあとの対策として短期返済を意識することも大切です。ほとんどのローンは繰り上げ返済ができるので、毎月の指定額よりも多めに返済していきましょう。カードローンならATMで繰り上げ返済ができるので、借入残高を減らしやすいはずです。カードがあると借りすぎが気になるという方は、フリーローンに乗り換えたほうが借入残高を減らしやすい場合もあります。自分に合ったローンを見つけたら乗り換えてみるのも手でしょう。

借入残高を減らすためには、リボルビング返済はなるべく避けるのがコツです。リボ返済は毎月の返済額を最小限に抑えることが目的なので、元金が減りにくいのです。そのためリボ返済を選ぶときは、繰り上げ返済も併用していくのが基本となります。ローンを利用するときは、誰しも利息の支払いを減らしたいと考えています。そのためには実質年率の低いローンを選ぶはずですが、利息に最も影響するのは金利ではないのです。借入残高に対して利息がつく仕組みであり、例えば借入が10倍になると利息も10倍になります。この基本的な仕組みを把握していれば、長期返済は避けようと考えるはずです。例えば返済期日の3日前に完済したなら、3日分の利息を減らすことができます。カードローンやキャッシングにはボーナス払いは設定されていませんが、繰り上げ返済で代用することができます。まとまったお金が入ったら、ローンの返済に充てるようにすると借入残高を一気に減らすことができるでしょう。残高が減ると利息も比例的に減るので、非常に大きなメリットがあります。ローンとは借金のことであり、利用すれば必ず利息が発生します。これを常に意識しておけば、借入残高をいかにして減らすか考えるようになるはずです。